会員数:
36565
掲載社数:
18

オープンロジ、中国宛て荷物を海外配送会社に振替輸送…EMS中止で

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本郵便(株)による中国向け国際郵便の引き受けが一時停止されていることを受け、物流プラットフォームを運営する(株)オープンロジは、サービスを続けている海外配送会社による振替配送を実施している。

DHLジャパンとECMSジャパンで振替配送 

対応可能な代替輸送業者とサービスは、国際エクスプレスサービスを展開するDHLジャパン(株)と、アジアを中心に国際物流サービスを展開する(株)ECMSジャパン。オープンロジは、越境EC支援の強化を目的に、両社と業務提携している。オープンロジが提携している国内倉庫に荷物を預け入れ、配送を一元管理するなどのサービスを提供する。

 DHLジャパンとは、2月6日に輸送契約を結んでいる。同社は集荷から航空輸送、通関、配達まで自社の輸送ネットワークで一貫輸送を行っている。成田など国内3か所のゲートウェーから、自社ネットワークフライトで中国への輸出、中国から日本への輸入も行なっている。現在でも、中国(武漢を除く)をはじめとしてアジア、欧州や北米などへ通常通りサービスを続けている。

ECMSジャパンの「B2Cダイレクト」を活用

 ECMSジャパンとは、昨年12月に業務提携。同社が提供する越境ECに特化した「B2Cダイレクト」を利用する。現地税金の立替納付や、現地通関に必要なID情報収集などのサービス も行なっている。日本から中国向けについては、航空機の運休や減便による所要日数増(3~5営業日)、一部のサーチャージの発生があるが、継続してサービスを提供している。

 オープンロジは、新型コロナウイルスの感染拡大に関する状況は日々変化するが、今後も提携している海外配送会社を組み合わせることで、利用者の事業継続を支える物流ソリューションを提供できるように努めたいとしている。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事