会員数:
132.457
掲載社数:
11

最短30分で配達、福岡で即時配達「PayPayダッシュ」の実証実験

ヤフー(株)とイオン九州(株)は12日、即時配達サービス「PayPayダッシュ」の実証実験を16日から開始すると発表した。福岡市の天神エリア限定で、イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を、注文から最短30分で自転車にて配達する内容だ。併せて「PayPayダッシュ」用のアプリ(iOS版・Android版)の提供を開始した。

自転車で弁当など配達

 「PayPayダッシュ」は、ユーザーがアプリ上で配達先を指定し、弁当やパン、飲料、菓子などを注文すると、30~60分で商品を受け取ることができる仕組み。配達員は注文を受けた後、店舗で商品をピックアップし、自転車で商品を配達先に届ける。

 支払いは、受け取り時にユーザーの「PayPay」アプリ上で行う「PayPay」決済、または商品注文時に「PayPayダッシュ」のアプリ上で行うクレジットカード決済を選択できる。

イオン九州と連携の物流施策第2弾

 「PayPayダッシュ」のサービスとアプリの提供元は、Yahoo! JAPANとなる。実証実験は、イオン九州とソフトバンク(株)のグループ企業が連携する物流施策の第2弾。第1弾として、ラストワンマイル配送の実証実験を行ったソフトバンクは、オンラインとオフラインを結ぶ配達サービスを、実店舗でのオペレーションに実装するノウハウを提供する。

 Yahoo! JAPANによると、「PayPayダッシュ」は、共働き世帯や高齢者など、実店舗まで行くことに不便や苦労を感じる人たちの課題解決が狙いの一つ。また、ネット通販の課題である注文から配達までにかかる日数を気にせず、「いますぐ欲しい」というニーズに応えられる。対象エリア内であれば、自宅以外の配達先も指定でき、勤務先での調達など広範なシーンでの利用が可能となる。

 実証実験では、実店舗から配達先のラストワンマイルの即時配達ニーズの把握とともに、取扱商品の拡大や他の地域での展開を検討。また、産業のデジタル化による社会課題解決をめざす取り組みの一環として、物流分野のDXに注力するソフトバンクと連携しながら、ICTによる物流の効率化に向けた協業を継続的に検討していくとしている。

3月いっぱいは送料無料

 実証実験の終了時期は定めていない。送料は3月いっぱいを無料とし、4月1日以降は注文状況などによって変動する。最低注文金額は700~2000円としており、送料と最低注文金額の変更は、「PayPayダッシュ」アプリでお知らせするとしている。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事