会員数:
132.457
掲載社数:
11

「マスク売ります!」の詐欺メールが多発、東京都が注意喚起

マスクの入手困難を悪用した新たな架空請求が発生しているとして、東京都は「消費者注意情報」を出し、都民らに冷静な対応を心がけるよう、呼びかけている。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、身に覚えのない受注メールが届くなどの手口だという。

不審な引き落としで20万円以上の被害も

 都消費生活総合センターに寄せられた相談によると――。

 「スマホのメールアドレスに『商品の注文を承りました』とのメールが届いた。マスク3箱があす代引き配達で届くとある。金額は1万2000円。注文した覚えはない。どうしたら良いか」(40代男性)。

 「新型コロナウイルスが心配で、SNS広告で見つけたネット通販業者にマスク2箱がセットになった8000円の商品を注文した。クレジットカード1回払いを選択し、カード情報を入力したところ、注文承諾メールが英文で届いた。不審に思い、キャンセルをメールで申し出たが、サイトから返信メールが来ないし、心配だ」(30代女性)。

 「『日ごろの感謝を込めてマスクを売ります』というメールが送られてきた。一人3箱までで1箱600円と書いてあったので、3箱注文することにした。氏名、住所、生年月日、クレジットカード番号、セキュリティコードを入力し送信した。その後、マスク代金のほか、18万円、3万円など不審な引き落としがされていることが分かった」(70歳代男性)。

身に覚えのない受注メールに注意!

同センターは、「新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた悪質商法」だとして、身に覚えのない受注メールへの注意とともに、うっかり連絡してしまうと、勧誘され、金銭を請求される可能性を指摘。万が一、商品が届いた場合は受け取りを拒否するよう、注意を促している。

また、通販サイトに関しては、法令により、販売事業者の氏名・法人名、住所、電話番号などの情報を記載することが義務付けられており、それらの記載や住所に番地がない、連絡先がメールアドレスのみなどの場合は、詐欺通販サイトの可能性があると警告。さらに、こまめにクレジットカードの利用明細の確認も強調し、「カードの不正利用に気が付いたら、すぐに行動を」とアドバイスしている。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事