会員数:
5
掲載社数:
1

オフラインの購買行動を追跡する新ソリューションを開発へ インテージとWEDの業務提携で実現

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、WED株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山内 奏人、以下WED)と業務提携を締結した。

マーケティング分野のパートナー

インテージ社は、WEDと共同で、新たなデジタルマーケティング手法の開発に向け、機械学習等を使用し、オフラインデータから生活者の実態把握等を実現する研究開発を推進するための業務提携を締結した。

インテージ社はこれまで、「Create Consumer-centric Values ~ お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、さまざまな業界の企業におけるマーケティング分野のパートナーとして活動してきた企業だ。

オフライン購買行動をモニタリング可能に

今回、同社が業務提携を実施したWEDはONEアプリによって収集されたレシートデータを機械的に解釈する手法の開発に取り組んできた企業で、インテージが持つ購買情報とのデータフュージョンにより、より正確で、より詳細なオフラインでの購買行動をモニタリングすることが可能となるとしている。

またオンラインの購買行動や属性情報などと合わせていくことで、将来的にはオンラインでの広告接触の実際の購買行動への影響や効果等を捕捉することも可能となっていく見通しとのことだ。

研究開発に双方で取り組む

インテージ社によれば、今回の業務提携を通してインテージが持つ購買情報と、WEDの運営する『画像を撮ってお金に変えるアプリ“ONE”』のデータを掛け合わせ、今までアントラッカブルであったオフライン購買行動の実態を可視化するための研究開発に双方で取り組んで行くとしている。

オムニチャネル施策の発展にみるように、ECだけ、あるいはオフラインだけでビジネスは完結しない時代ともなっている。リアルとネットを包括した施策がさらに求められる局面だが、同社が指摘するようにオフラインでの購買行動を追跡し、それを定量化することはこれまで困難であり、またそのことによって分析にも限界があった。今回の業務提携によって同分野でのイノベーションがさらに進むことに期待したい。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事