会員数:
1124
掲載社数:
56

人間との会話にまた一歩近づく チャットボットソリューション『リテンションマーケティングby Robee』に新機能を搭載

株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小嶋雄介、以下 Macbee Planet)は、リテンションマーケティングby Robeeの新機能として会話内容によって表示速度を変化させるインテリジェンスレスポンスを搭載した。

解約を防止するチャットボット

Macbee Planet社は、リテンションマーケティングby Robeeの新機能として会話内容によって表示速度を変化させるインテリジェンスレスポンスを搭載した。なお同機能は特許出願中とのことだ。

リテンションマーケティングby Robeeは、定期購入やサブスクリプションサービスの解約を考えてサイトに訪れた利用者にチャットボット活用することで、利用者の解約検討理由と企業の提供するサービスの溝を埋めて解約を防止する同社のマーケティングサービスとなっている。

人間の感情を読み取る

同社は今回、人間工学に基づいたインテリジェンスレスポンスを搭載したことにより、チャットボットの会話の内容や情報量によって表示速度を変化させることが可能となったとしている。

これにより、人間と会話をしているような状態に近づけることができるため、利用者のストレスを軽減させ、チャットボット上でより自然な会話をすることができるという。また、会話内容が嬉しい内容のときにはやや早く、悲しい内容のときにはやや遅くメッセージが表示されるなど、感情によって反応速度も変化するとのことだ。

チャットボットに新たな力を

EC市場をはじめとする企業活動において顧客対応の重要性は増している。そこではユーザーとのロイヤリティを醸成し、企業価値やブランド価値の向上を図れるからだ。一方で一定の品質を保った顧客対応は、人的リソースの確保やコールセンターの拡充など予算的な面でも少なからずハードルがある。

そこで近年、AIの発達などにより利用が進んでいるのがチャットボットだ。それにより自動化が可能となるが、同時にいかに人間的な対応を演出できるかが新たな課題ともなってきた。今回の同社のソリューションはまさにそれらの課題に対応するもので、さらなるチャットボットの活用に寄与することになりそうだ。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事