会員数:
132.457
掲載社数:
11

メルカリの年間トレンド、1位は「Galaxy S10」

(株)メルカリは3日、フリマアプリ「メルカリ」で集計した『メルカリトレンドワード2019』」と『出品ワードマップ2019』を発表した。トレンドワードは、スマートフォンの『Galaxy S10』だった。

ラグビー効果で白エビビーバーも

 『メルカリトレンドワード2019』は、今年1年間に「メルカリ」内で検索されたワードのうち、前年と比較して検索数が急上昇した検索ワードを抽出。『出品ワードマップ2019』は、同じく商品を出品する際に使用されたキーワードのうち、今年の特徴語を抽出した。

  『メルカリトレンドワード2019』のベスト10は次の通り。

 1位 「Galaxy
S10」/スマートフォン

 2位 「チョコエッグ コナン」/食玩

 3位 「ガールズガールズ」/アイドル

 4位 「ドラゴンクエスト ビルダーズ2」/ゲーム

 5位 「ゼスプリ フィギュア」/おもちゃ

 6位 「白エビビーバー」/スナック菓子

 7位 「しまむら バッグ」/ファッション

 8位 「スマブラ Switch」/ゲーム

 9位 「ねこじゃすり」/猫用ブラシ

 10位 「セブン-イレブン ポテト」/スナック菓子

1位になったサムスン社製スマホ『Galaxy S10』は、5月の発売に伴い、取り扱う携帯キャリア各社からのアナウンスやイメージキャラクターの発表など、プロモーション活動が積極的に展開されて検索数が急上昇した。

4位に​『ドラゴンクエスト ビルダーズ2』​ 、8位に『スマブラ Switch』と、18年末に発売されたゲームソフトが2本ランクインした。発売後も定期的なアップデートなどにより、飽きずに遊べる仕様になっているゲームソフトが継続的な人気を維持した。3位の『ガールズガールズ』​は、全メンバーがTVドラマ初主演と同時に、ガールズグループとして19年にデビュー。CDアルバムや関連グッズの検索が急上昇した。

YouTuberで話題の7のポテトも

また、食品や付属する景品関連の検索ワードが4つランクイン。2位​『チョコエッグ コナン』​や、5位『ゼスプリ フィギュア』​は、人気の高いキャラクターグッズを求めて検索数が急増。6位の​『白エビビーバー』​と、10位の『セブン-イレブン ポテト』​は、有名スポーツ選手や人気YouTuberによるSNSでの紹介により、話題になった。

動画やSNSから話題となった猫用ブラシ​『ねこじゃすり』がTOP10内にランクイン。7位​ 「しまむら バッグ」​も、SNSで話題のコラボ商品や人気の品薄商品を求めて検索が増えた。

出品ワードでは「日向坂」が急上昇

『出品ワードマップ2019』は、メルカリ内で商品を出品する際に使用されたキーワードのうち、今年特に使用された特徴的なキーワードを抽出、頻度に応じた大きさで表現したワードクラウドだ。『日向坂』​は、「けやき坂46」から「日向坂46」へグループ名が変更されて急上昇。生写真などの関連グッズがメンバーごとに出品され、出品キーワードとして多く使われた。

18年12月に日本デビューし、年末の人気歌番組に登場した日韓合同アイドルグループの​「IZ*ONE」​も出品ワードとして多数使われるなど、19年はアイドル関連の出品キーワードが特徴的な1年となった。『令和』は、利用者側から自発的に「令和記念セール」としての出品が生まれ、新元号発表後1時間で「令和」を含む出品が300件以上、メルカリ内での検索数が約5000回と話題になった。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事