会員数:
132.457
掲載社数:
11

メルペイ利用者数500万人突破!利用者ニーズに合わせた機能拡充が功を奏す

株式会社メルペイ(本社:東京都港区/代表:青柳直樹)の提供するスマホ決済サービス「メルペイ」(以下、「メルペイ」)の利用者数が、2019年10月16日(水)に500万人を突破した。

8か月で登録者500万人まで拡大

メルペイのサービスは、2019年2月13日にスタート。4月13日にはメルペイ「電子マネー」の登録をおこなった利用者の累計が100万人を突破し、6月18日には200万人を突破した。

サービススタートから8か月が経過した10月16日には、メルペイ「電子マネー」の登録を行ったユーザーと、「メルペイコード払い」、「ネット決済」、「メルペイあと払い」等の利用者の重複を除いた合計が500万人となる。

利用者拡大の要因は豊富な機能

6月18日時点で200万人を突破したメルペイの利用者数は、9月5日時点で400万人を突破し、その後41日間で100万人増加、10月16日に500万人を突破、と急激に伸びている。

結果の要因として、メルペイ「電子マネー」に加え、「コード払い」の機能を提供することで、全国170万か所の店舗での決済体験を可能にしたことがあげられる。「ネット決済」にも対応し、オフラインだけではなくオンラインの加盟店でも利用できるよう、サービスの幅を広げている。

また、入金方法も、「メルカリ」の売上金の他、普段利用している銀行を登録し「メルペイ」に残高をチャージしたり、チャージレスな「メルペイあと払い」を提供するなど、利用者のニーズに合わせた選択肢を増やしている。

使いやすさと選択肢の広さがユーザー獲得につながる

キャッシュレス化推進にあたり、課題となるのが決済方法の多様化だ。サービスが増える一方で、対応可能サービスに差があったりと、利用の幅がかえって限定されてしまうことで利用者が離れるケースも少なくない。

メルペイでは、今後も消費者が日常的に利用できる決済サービスを目指し、また日本のキャッシュレス推進のため、サービスおよびパートナーを拡充していくという。

メルペイのような多様な決済方法・入金方法を設定することで、利用者の支持を得られるのは、今回の利用者数増加の数字を見れば明らかといえるだろう。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事