会員数:
57659
掲載社数:
33

通販会社 「MAGASEEK」が商品梱包にリサイクル緩衝材を使用、年間1291kgのCO2削減

総合ファッションECサイトを運営するマガシーク(株)は6日、環境に配慮した取り組みの一環として、商品配送時に使用する緩衝材に、シールドエアージャパン合同会社による環境配慮型緩衝材を使用すると発表した。梱包時のごみ削減につながるサステナブルな挑戦だ。

環境配慮の観点でリサイクルフィルム素材でできた緩衝材に変更

 マガシークは、年間約320万件の梱包物を日本全国へ出荷している。従来の緩衝材はシールドエアー社の「Fill-Air Efficiency」を使用していたが、環境配慮への観点からリサイクルフィルム素材でできた、同社の「Fill-Air Recycled」に変更した。

 これにより、CO2を年間約1291kg削減できる見込みだという。また、使用した緩衝材の一部は再度リサイクルして利用することが可能で、マガシークは年間約439kgを再リサイクルできると見込んでいる。

環境に配慮した取り組みを進展へ

 リサイクル緩衝材「Fill-Air Recycled」は、世界中の企業や政府、消費者がサステナビリティという大きな課題に挑む中、環境配慮ニーズに応えるために誕生した環境配慮型緩衝材だ。フィルム素材には再生原材料を50%使用し、そのうちの30%は使用後の衣料や化粧品パッケージなどをリサイクルした、ポストコンシューマーの再生原材を使用している。

 マガシークは、創業20周年を迎えた総合ファッションECサイト「MAGASEEK」や、NTTドコモと共同運営する「d fashion」を展開。ファッションEC事業を自社で一貫して行ってきたノウハウを活かし、大手百貨店やメーカーの公式ECサイトを受託するECソリューション事業にも注力している。今後も環境に配慮した取り組みを進め、順次公開していく考えを示している。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事