会員数:
57671
掲載社数:
119

アマゾンジャパンが梱包簡素化を推進、一部の商品は紙袋で配送

アマゾンジャパン合同会社は、梱包資材の削減とより良い顧客体験の提供を目的に、梱包の簡素化を拡大したと発表した。今後、紙袋での配送や、Amazonによる追加の梱包を省いてメーカーの梱包による配送を拡大する。梱包の簡素化で、ユーザーによる梱包の開封やその処理による手間の軽減にもつなげたいとしている。

物流施設に梱包削減専用のオペレーションを追加

Amazonは梱包の選定に機械学習を活用し、商品のサイズに適した段ボール製の箱や封筒等を使用することで、商品を保護しながら梱包を削減している。今回、一部の物流施設に専用のオペレーションを追加し、段ボール製の箱や封筒で出荷されていた日用品など、一部商品を対象に紙袋での配送を開始した。商品保護の観点から、ギフトや危険物、壊れやすいもの、液体は、紙袋での配送の対象としない。

さらにAmazonは、メーカーの梱包のままで配送する商品も拡大した。これまでも、大型・中型商品の一部はメーカーの梱包のまま配送していたが、一部の小型商品もメーカーの梱包のままで配送することが可能となった。紙袋による配送と同様、専用のオペレーションを経て出荷することで実現した。

Amazonは15年から出荷時の梱包重量を38%・梱包資材を150万トン以上削減

壊れやすいものや危険物、散乱しやすいもの、メディア(本やCDなど)、ギフトやコレクター向け商品、ユーザーのプライバシーに関わる商品は、メーカー梱包のままでの配送の対象にはならない。なお、今回の取り組みは、Amazonの独自配送網のみでの取り扱いとなる。

Amazonは梱包について、商品の保護、リサイクルのしやすさ、そして資材の削減が重要と考えている。すべてリサイクル可能な梱包材の開発や、資材の使用をさらに抑えるなど、梱包の削減に向けたイノベーションを続けていきたいとしている。

Amazonによると、2015年から出荷時の梱包重量を38%、梱包資材を150万トン以上削減してきた。世界最大の再生可能エネルギーの購入企業として、当初目標の30年よりも5年早く、25年までに自社の事業を100%再生可能エネルギーで運営する取り組みを進めている。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事