会員数:
36565
掲載社数:
18

EC物流倉庫の特徴から、委託ポイントを解説

通販やネットショップでの売買など、EC関連の物流を扱う倉庫が「EC物流倉庫」だ。EC物流倉庫の利活用を検討する場合、倉庫の役割や外部委託するコストやメリット・デメリットを知っておくことが重要となる。今回はEC物流倉庫に注目し、EC物流倉庫の特徴と発生する業務、外部委託する場合のポイントを詳しく紹介する。

EC物流倉庫とは?役割や特徴

インターネット上で行う商品・サービスの売買を「EC(=電子商取引)」と言う。EC事業に関する物流は「EC物流」と呼ばれ、その拠点となる「EC物流倉庫」は、物流プロセスのなかでも重要な役割をもつ。まずは、EC物流倉庫の役割について見ていこう。

EC物流倉庫とは、ECサイトで販売した商品の仕分けや配送を行う施設のこと

ECに特化した「EC物流倉庫」は、EC事業における物流プロセスのうち、商品の保管から流通加工、出庫までを行う場所だ。近年はインターネットが広く普及し、自社サイトやモール型サイトなどで商品を販売する企業が増えており、EC関連の物流量もそれに伴って増加傾向にある。EC物流倉庫の重要性は、ますます高まっていると言えるだろう。

EC物流倉庫の特徴

 EC物流倉庫の場合「BtoC」を扱う倉庫の割合が多い。なぜかと言うと、EC物流の対象は、インターネットを介して買い物をする「個人」または「一般家庭」となるケースがほとんどのためだ。この場合、出荷パターンが決まっていて、細かなカスタマイズなどは不要な場合が多い。

一方で、法人(BtoB)への出荷が多い一般的な物流倉庫では、送り先によって出荷方法が異なったり、指定された伝票を用いたりする必要があるなど、BtoC倉庫に比べて、より複雑な作業が必要となる。送り先として法人または個人のどちらをメインに扱うかで、EC物流倉庫での業務は異なることを把握しておきたい。

EC物流倉庫で発生する業務

ここからは、EC物流倉庫で発生する業務を順を追って見ていこう。

入庫・検品

物流倉庫業務は「入庫」から始まる。入庫とは、商品を倉庫に搬入し、適した保管場所へ置いていく作業のことだ。どこからどのような商品が何個届いたのか、確認や記録も同時に行う。

次に、入庫した商品に欠陥や不備がないか確認する「検品」を行う。入庫や検品を正確に行うことで、高品質の商品を素早く配送ルートにのせることが可能となる。

ピッキング

商品の注文が入ると、倉庫に「出荷指示」が入り、これを元に必要な商品を必要な数だけ取り出す。この作業が「ピッキング」だ。物流倉庫の自動化が進んでいる場合は、ピッキング作業をロボットが行うケースもある。

流通加工

続いて、荷主の依頼の基づき「流通加工」を行う。流通加工とは、商品に付加価値をつける目的で行われる一連の加工作業を指す。主な流通加工として、「商品タグや値札を付ける作業」や「ギフト用ラッピング」「商品の詰め合わせ作業」などがある。

梱包・発送

ピッキングが完了したら、出荷可能な状態にする「梱包」を行う。消費者が到着した商品を見て不愉快に感じることのないよう、慎重かつ丁寧な作業が必要だ。最終チェックを経て、配送トラックに商品を積み込めば「発送完了」となる。

EC物流倉庫の業務で重要なこと

EC物流倉庫においては「スピード感のある対応」が重要となる。ECサイトを利用する消費者は「なるべく早く購入した商品を手にしたい」と考える傾向が強いためだ。物流業務の迅速化が、消費者の満足度向上につながるだろう。

物流業務をより迅速に行うために、意識するとよいポイントは次の通り。

●納品書の代わりに、メール送信を行うなど同封するものを簡素化する
●「過剰包装をしない」「ワンタッチケースを使う」など、素早く梱包できるよう工夫する
●良く売れる商品は最前列の棚に置いておくなど、倉庫内のレイアウトに配慮する 

このほか、物流作業の前段階に位置する「受注処理」も、EC物流を考える上で大切にしたいポイントだ。受注処理とは、ECサイトからの注文データを受け付ける作業のこと。近年では、一元管理ソフトを導入するなどデジタル化をして、さらなるスピードアップに努めている物流倉庫も多い。

競合の多いインターネット市場においては、物流という観点から顧客満足度を高めるための施策を行うことが、重要なポイントとなるだろう。

EC倉庫業務を外部委託するメリット・デメリット

ECサイトを運営する企業のなかには、物流倉庫を持たず、自社のスペースだけで商品を保管しているケースも多く見られる。商品が少ないうちは良いが、事業が拡大するにつれて商品を保管するスペースがなくなってしまうことも考えられるだろう。

そのようなときに検討したいのが、EC倉庫業務の外部委託である。ここからは、倉庫業務を委託する場合のメリット・デメリットを紹介する。

EC倉庫業務を外部委託するメリット

EC倉庫業務を外部委託する場合に得られるメリットは、主に3つ挙げられる。1つ目のメリットは「人的ミスの削減」だ。EC事業が拡大し、物流量が増加してくると、人的ミスの発生リスクが高まるだろう。物流の専門業者なら、高い専門知識を保有しているケースが多いため、ミスを回避できるほか、物流品質の改善・向上が期待できる。

2つ目のメリットは「リソースを他の業務に振り分けられる」ことだ。倉庫業務に割いていたリソースを、生産性の高い事業に振り分けることができ、企業の拡大・成長につなげられるだろう。

最後に「注文数・顧客増加に対応しやすい」点もメリットに挙げられる。自社のEC事業を拡大していく場合も対応を任せられるほか、繁忙期・閑散期がある企業の場合は、倉庫業務を委託することで無駄な人件費も削減できるだろう。

EC倉庫業務を外部委託するデメリット

EC倉庫業務を外部委託する場合のデメリットは、主に次の3つだ。1つ目は「物流ノウハウを蓄積できない」点だ。将来的に内製化を考えている企業にとっては、大きなデメリットとなるだろう。

次に「柔軟な体制がとりにくい」ことも知っておこう。商品に手書きメッセージを同封するなど、発送先にあわせた対応はとりにくくなってしまう。

最後に「情報伝達が遅れる」こともデメリットだ。自社で倉庫を運用する場合に比べると、伝達にタイムラグが生じてしまう。トラブルが起きた際などの対応が遅れてしまうといった点が懸念されることも把握しておきたい。トラブル発生の際に、責任の所在を明確にできるよう、倉庫業務の運用体制を確認しておくも必要だ。

EC物流倉庫サービス利用にかかるコスト

 

物流倉庫を外部委託する際には、料金体系を十分把握しておくことが重要である。ここでは、外部委託にかかるコストを固定費と変動費に分けて紹介する。

固定費

外部委託する上で、定期的に支払わなければいけない費用が「固定費」だ。主な固定費は次の通り。

●基本料金
●商品の保管費用 など

基本料金は、主に「システム利用料」となる。近年では物流管理がシステム化されていると先述したが、倉庫作業を行うにあたり、必要な情報の収集・入力を行うための費用である。

また、商品の保管するための費用も固定費として支払いが必要となる。保管費用は、スペースごとに発生するのが一般的だが、倉庫の立地によって相場が異なるほか、委託先によっても違いがある。費用対効果を検証した上で、自社商品の保管に適した倉庫を検討したい。

変動費

依頼内容によって変動する費用が「変動費」だ。主な変動費は次の通り。

●入庫費用
●梱包費用
●発送費用 など

単価設定方法やオプションは委託先によって異なるほか、それぞれのケースにあわせて、細かな料金設定を設けている場合が多い。自社商品の種類や扱う個数から、見積もりを取って比較できると良いだろう。

EC物流倉庫業務の委託先を選定するポイント

ここからは、EC物流倉庫の委託先を選定する上で確認しておきたいポイントを紹介する。

サービス内容

倉庫業務と一口に言っても、委託先によってサービス内容は大きく異なる。自社にとって必要な作業が可能かどうかを確認することが大切だ。委託先検討時には、資料請求や見積もりをとって、サービス内容を細かくチェックする必要がある。

ECサイトとのシステム連携

自社でECサイトを立ち上げている場合、委託先がもつ「在庫管理システム」との連携が上手くいくかどうかも、選定する際のポイントとなる。ECサイトとの連携がうまくいかない場合は、余計な手間や時間がかかってしまうため、契約前に確認しておきたい。

倉庫の立地

EC倉庫業務の重要なポイントとして「スピード感のある対応」を挙げたが、その実現に必要な要素が「倉庫の立地」だ。立地によっては、天候や交通状況により配送に時間を要してしまうこともあるが、配送遅延は顧客の信頼を落としかねない。スムーズな交通経路が確保できている、物流倉庫を選ぶのがオススメだ。

まとめ

EC物流を扱う上では、自社に適した物流倉庫を活用することが大切だ。倉庫業務においては、BtoCをメインに扱うケースが多いため、スピード感のある対応が求められる。

自社で物流倉庫を用意できない場合は、外部に委託することも方法の一つだ。委託先によって、サービス内容やコストなどは異なるため、自社に適した委託先を検討できると良いだろう。EC倉庫業務の内容を知って、自社に適した物流管理方法を確立しよう。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事