会員数:
132.457
掲載社数:
11

物流倉庫とは?物流倉庫の役割や業務内容を解説

効率的な物流管理に欠かせない「物流倉庫」。物流倉庫の役割や種類、倉庫で行われる業務内容を詳しく知りたいという担当者もいるのではないだろうか。物流業務を委託した場合のメリット・デメリットや費用が気になるという担当者もいるかもしれない。  今回は、物流倉庫とは何か、外部委託する場合に知っておきたいポイントとあわせて分かりやすく紹介する。物流倉庫の重要性を知り、自社に適した物流管理方法を検討しよう。

物流倉庫の役割

 商品の保管・配送する拠点として「物流倉庫」を検討している企業もあるだろう。まずは、物流倉庫の役割を紹介する。

物流倉庫とは、商品の仕分けや配送を行う施設のこと

 販売者から消費者に商品が渡る過程のうち、商品の保管から、仕分け・配送までを行う場所が「物流倉庫」だ。かつては商品の保管のみを目的として利用されてきたが、現在の物流倉庫は管理方法がシステム化され、効率的に物流管理を行っているケースが多い。

物流とロジスティクスの違い

 そもそも物流とは、商品が消費者へ届くまでの「モノの流れ」を指す。物流と似た意味を持つ言葉として「ロジスティックス」があるが、ロジスティクスとは、顧客ニーズに合わせて、モノの流れを効率的な形で計画・実行・管理することを指す。「ロジスティックス」と「物流」とでは、言葉の定義が異なることを理解しておきたい。

取り扱う商品によって、多様な設備がある

 物流倉庫は、多種多様な商品を適切に保管・管理できるように設備を整えているのが一般的だ。例えば、食品を取り扱う物流倉庫では温度管理が重要であるため、常温倉庫だけでなく、低温倉庫を設けている場合が多い。 
 
 また、取り扱う商品の保管方法(段ボールか、単体の商品か)や形状・重量などによっても、最適な設備やレイアウトが変わる。自社において物流の最適化を実現するためには、取り扱う商品にあわせた倉庫を利用することが大切だろう。

物流倉庫の種類

物流倉庫にはどのような種類があるのか、目的別、対象別に分けて見ていこう。

【目的別】物流倉庫の種類

物流倉庫と一口に言っても、利用する目的はさまざまだ。ここでは、目的ごとに物流倉庫の種類を紹介する。

BtoB倉庫とBtoC倉庫の違い

企業向けの発送業務を行う倉庫を「BtoB倉庫」、個人向けの発送業務行う倉庫を「BtoC倉庫」と言う。双方の違いを見ていこう。

BtoB倉庫は、業務を一定の型に当てはめるのが難しく「標準化」しにくいと言われている。一方で、BtoC倉庫の場合は、物流がシンプルなため標準化しやすく、実際に多くのBtoC倉庫でロボットを使った「自動化」が進められている。

物流倉庫で行われる業務内容

ここからは、物流倉庫ではどのような業務が行われているのか紹介する。

入庫・検品

まずは物流倉庫に商品が「入庫」される。入庫とは、商品を保管するのに適した場所へ移動させる作業のことだ。入庫されるアイテムは多種多様であるため、種類毎に適切な対応を行う。また、入庫時には破損やキズなどの異常がないかをチェックする「検品」もあわせて行うケースが多い。

ピッキング・仕分け作業

帳票や指示書などの受注データをもとに、指示された商品を倉庫内から探し取り出す作業を「ピッキング」と言う。近年ではデジタル化が進み、バーコードから読み取った商品を、指示された通りにピッキングするという流れの倉庫も増えている。

ピッキングが終わると「仕分け作業」に入る。仕分け作業とは、発送先ごとに商品を仕分ける作業のことで、取り間違えなどをしないよう、慎重かつ丁寧な作業が必要となる。

流通加工

荷主のニーズに応じて加工する作業が「流通加工」だ。流通加工の具体例として、次のような作業が挙げられる。

●複数の商品をひとつにまとめた詰め合わせ
●ギフト用のラッピング加工
●商品への値札付け
●ラベルの貼付 など

どのような流通加工に対応しているかは、物流倉庫によって異なることを知っておきたい。

梱包・出庫

商品の仕分けができたら、商品を包む「梱包作業」を行う。割れやすい商品には緩衝材を使うなど、商品に適した対応を行う。梱包作業が完了し、出荷前の検品作業を行うなどの最終チェックを経て配送トラックに積み込めば、無事「出庫」となる。

物流倉庫業務を委託するメリット・デメリット

自社に物流倉庫を備えていない場合や、商品数が増えて自社倉庫で賄うことが難しくなっている場合もあるだろう。そのようなケースでは、外部の物流倉庫に委託することも選択肢の一つだ。ここからは、外部の物流倉庫を利用する場合のメリット・デメリットを紹介する。

物流倉庫を活用するメリット

外部の物流倉庫を活用する場合のメリットは主に3つ挙げられる。1つ目は「コスト削減」だ。仮に、自社で倉庫を用意する場合、設備投資や人件費に膨大なコストを要する。倉庫業務を外部委託することで、設備投資が不要なほか、繁忙期・閑散期も柔軟に対応できるため、設備費や人件費のコスト削減につながるだろう。

2つ目は「リソースの削減」だ。これまで物流業務に割り当てていたリソースを、生産性の高い別業務に振り分けることができるだろう。人員の不足や配置に悩んでいる企業にとっては大きなメリットと言える。

最後は「業務効率化・合理化の実現」である。自社倉庫では収容量に限界があるケースがほとんどだ。限界となってしまった場合、商品の再整理が必要となったり、スムーズに作業できなくなったりと、業務に支障が出てしまう可能性がある。倉庫管理を委託することで、倉庫管理が効率的に行われ、業務効率の改善が期待できるだろう。

物流倉庫を活用するデメリット

物流倉庫を活用するデメリットは、主に次の3つだ。1つ目は、「物流ノウハウを蓄積できない」という点である。将来的な自社での内製化も難しくなるだろう。

2つ目のデメリットは、「情報伝達が遅れる」ことだ。自社で倉庫を運用する場合に比べると、伝達にタイムラグが生じるため、トラブルが起きた際などに対応が遅れてしまうといった点が懸念される。

最後に「責任の所在が分かりにくい」ことも、デメリットとして考えられる。物流倉庫に委託した場合、契約した会社とは別の下請け企業が、実際に作業を行っているケースが往々にしてある。トラブル発生時のことも念頭において、委託する際は現場の組織体制などを十分把握しておくことが必要だ。

物流倉庫業務を委託する場合の費用

物流倉庫業務の委託費用を、固定費と変動費に分けて紹介する。

固定費

毎月固定で発生する費用が「固定費」だ。物流管理を委託する場合にかかる、主な固定費用は次の通り。

●基本料金
●商品の保管費用 など

基本料金は、主に「システム利用料」となるケースがほとんどだ。近年では物流管理がシステム化されていると先述したが、倉庫作業を行うにあたり必要な情報の収集や入力を行うためにかかる費用を指す。

また、商品を保管するにあたりスペースごとに発生する費用もある。費用単価やスペースの貸出方法は物流倉庫によって異なるため、自社の商品保管に適した倉庫を検討できると良いだろう。

変動費

商品の入庫件数など、月によって変わる費用が「変動費」である。物流管理を委託する場合にかかる、主な変動費は次の通り。

●入庫費用
●梱包費用
●発送費用 など

入庫費用は、倉庫に商品を入庫する際にかかる費用である。宅配便やコンテナなど入庫方法によって単価設定されているケースが多いようだ。そのほか、梱包費用や発送費用など、出庫するまでに必要な業務に対し、それぞれ費用がかかることを覚えておこう。

外部委託先によって、単価設定方法やオプションなどが異なるため、費用対効果の高い先を比較検討できると良いだろう。

まとめ

物流倉庫の役割とは何か、行われている業務内容や外部委託する場合のメリット・デメリットなどを紹介した。効率的な物流を実現するためには、物流倉庫の適切な商品管理・運用が求められる。自社で物流倉庫を用意することが難しい場合は、外部に委託するのも1つの方法である。費用対効果などを検証し、自社に適した物流管理方法を検討してみてはいかがだろうか。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事