会員数:
57671
掲載社数:
119

物流アウトソーシングとは? 費用相場、メリット・デメリット、導入までの流れなどを紹介

近年、在庫管理や人材不足の課題を受けて「物流アウトソーシング」の需要が高まっている。担当者としては、「物流業務を外部に委託したい」「より効率的な運用を目指したい」と考えることもあるのではないだろうか。 今回は、物流アウトソーシングの概要や費用相場、メリット・デメリット、導入までの流れなどを紹介する。物流アウトソーシングを選ぶ際のポイントも記載しているので、基本的な知識を押さえて、検討する際の参考としてほしい。

物流アウトソーシングとは

物流アウトソーシングとは、自社で行っている物流業務を外部の専門業者へ委託すること。まずは、委託できる業務や自社物流との違いなどを見ていこう。

物流アウトソーシングで委託できること

物流アウトソーシングでは、一般的に以下の業務を委託することが可能だ。

●入荷・入庫・棚入れ
●検品、セット組み
●ピッキング
●梱包
●出荷(配送会社の手配、集荷の手配、追跡番号の通知など)
●在庫管理・棚卸

物流業者は、近年の需要の高まりにより受託範囲の拡大やサービスメニューの拡充に取り組んでおり、これらの業務の他に、受注処理や送り状の印刷、カスタマー対応などを含めた「フルフィルメントサービス」を展開している会社もある。

自社物流との違い

自社物流と物流アウトソーシングとの大きな違いは、業務形態だ。自社物流では受注から出荷に至るまでを全て自社で行うため、商品を保管する倉庫や配送するトラックなどの設備、商品管理や出荷のための継続的な人件費が必要となる。

一方、物流アウトソーシングは在庫管理や出荷作業を自社から切り離し、物流のプロに代行を依頼する。自社では人手や保管スペースの確保が困難な場合でも、エンドユーザーに安定して商品を届けることが可能だ。

物流アウトソーシングの種類

物流アウトソーシングサービスには、大きく分けて「定額系物流サービス」と「カスタム系物流サービス」の2種類がある。

「定額系物流サービス」は、利用する項目ごとに料金があらかじめ定められているサービスだ。配送の種類や料金体系が決まっているので、事前準備が少なく利用を開始できる。少量の出荷数にも対応しているため、個人や小規模企業にも利用しやすいと言えるだろう。

「カスタム系物流サービス」は、目的に応じて金額を設定するサービスのこと。自社が希望する運用方法に合わせてサービスをカスタマイズできるため、独自性のある物流フローや細かな要望がある場合に適している。定額系物流サービスと比較すると金額や運用が複雑になるため、要望のヒアリングから導入開始までには2、3カ月の期間を要することが多い。

物流アウトソーシングの費用

一般的な物流アウトソーシングでは、「基本料金(固定費)」と「変動費」の合計で毎月の支払額が決定する。

「基本料金」には、主に倉庫管理システムの「システム利用料」と、倉庫スペースをレンタルする「保管料」とがある。「保管料」は都市圏の方がコスト高になる傾向があり、利用単位を少なくすることで費用も抑えられる。

「変動費」は「入庫料・ピッキング料」「検品料」「梱包料」「配送料」などが該当し、商品の種類によっても価格が異なる。

それぞれの項目の費用相場は以下の通りだ。

物流アウトソーシングのメリット

物流アウトソーシングを導入することで、企業にはどのような影響があるのだろうか。まずは、物流アウトソーシングのメリットを紹介する。

コストを削減できる

物流アウトソーシングの一番のメリットは、毎月のコストを変動費化し、削減できることだ。

通常、物流業務では「倉庫管理費」「人件費」「梱包資材費」「配送料」などのコストが存在する。自社物流の場合、人件費は物量に関わらず発生するため、閑散期には人員過多となり、必要以上にコストがかかってしまう場合もある。

物流アウトソーシングでは繁忙期・閑散期のリソースに柔軟に対応できるだけでなく、発送数に応じた支払いとなるので、人件費の他、採用コストや教育コストの削減も期待できる。

業務を効率化し、利益拡大が期待できる

オペレーションが主となる物流業務をアウトソーシングすることで、これまで物流業務を担当していた自社社員が、「新商品の開発」「マーケティング」「ブランディング」「コンテンツ制作」などの社内の人材で行うべき業務に注力できることもメリットの1つだ。

物量に耐えられる人材や物流オペレーションが整っているサービス会社を選べば、それらの施策によって出荷件数が増加しても処理の精度やスピードを低下させることなく対応が可能なため、利益の拡大も期待できるだろう。

配送品質が向上する

専門業者に物流業務を依頼することで、配送品質を向上できるのもメリットの1つだ。時間や人員が限られる自社物流では、商品の種類や数が増えるにつれ、対応遅延や出荷ミスなどが懸念される。

物流アウトソーシングでは物流のプロがピッキングや梱包作業を丁寧かつスピーディに対応するため、より高品質な状態で顧客へ商品を届けることが可能だ。それにより、顧客満足度の向上やリピーターの獲得にも繋がるだろう。

物流アウトソーシングのデメリット

次に、物流アウトソーシングのデメリットをおさえよう。

責任の所在が曖昧になる

デメリットとしては、何かトラブルが起きた際、責任の所在がわからなくなることが考えられる。特に、物流業務を請け負っている会社と契約をしても、実際に作業を行うのが下請け会社である場合にはそのようなリスクがある。事前に現場の組織体制や運営フローを確認するだけでなく、契約書において責任の所在を明確にしておくことが重要だ。

自社へのノウハウの蓄積が難しい

物流業務をアウトソーシングすることで、自社内にノウハウが蓄積されづらいというデメリットもある。今後、自社で配送業務を行う可能性がある場合には、配送品質やスピードが低下しないよう、定例会を設けるなどノウハウを学習する機会を設けることも検討しよう。

委託できない業務もある

委託先によっては、すべての物流業務に対応していない、柔軟な対応が難しいなどの場合があることにも注意しよう。

委託が難しい業務には、以下のものが考えられる。

●受注後の入金確認や送り状の印刷など
●専門的な知識が必要な商品の検品
●メッセージカードの同封
●高度なラッピング
●商品ごとに箱を分ける

「これまで自社物流では対応できていたことができなくなる」「高度なラッピングでオプション料金が発生して費用がかさむ」などの可能性もあるため、導入には慎重な姿勢も必要だ。

物流アウトソーシングを利用するタイミング、導入までの流れ

ここでは、物流アウトソーシングを利用すべきタイミングや、導入までの流れを紹介する。

物流アウトソーシングの利用を開始するタイミング

物流アウトソーシングの利用を開始すべきタイミングには、以下の場合がある。

●自社の人員だけでは発送業務が追いつかない
●他にリソースを確保したい業務がある
●コストを抑えながら今後の事業拡大に備えたい

自社で全ての物流業務を完結させようとすると、倉庫スペースや人員確保などの課題で制約を受けることがある。自社の現状を精査し早めの対応を取ることで、業務効率の改善、物流品質の保持、販売機会の獲得に繋がるだろう。また、セールやキャンペーンなど、大量の受注が想定される場合にも有効だ。

物流アウトソーシングを導入するまでの流れ

物流アウトソーシングを利用する流れは、以下の通りだ。

(1)サービス会社への問い合わせ
(2)ヒアリング・打ち合わせ
(3)見積りの依頼
(4)サービス会社の比較・決定
(5)サービス会社との契約
(6)物流業務の委託

さまざまな規模やジャンルに特化した会社があるため、複数の業者を比較しよう。また、実際の契約では「業務委託契約書」を締結する。委託先が雛形を用意する場合は委託先独自のルールが記載されていることもあるので、「有効期間・中途契約について」「損害賠償の請求について」など、細部まで確認するようにしよう。

物流アウトソーシング選定のポイント

最後に、物流アウトソーシングサービスを選ぶ際に気をつけるべきポイントを紹介する。

対応可能な業務

サービス会社によって、対応している業務の幅やオプション、柔軟性はさまざまだ。業者への問い合わせや打ち合わせの際は、事前に次の項目について洗い出しておき、自社の解決したい課題やニーズと擦り合わせるとよいだろう。

●取り扱う商品のジャンル
●想定される物量
●梱包のパターン
●利用したい温度帯
●オプション

また、事前のテストなどを通して、実際に顧客の手元に届く商品の状態も確認しよう。

料金

対応している業務と併せて、重要となるのが料金だ。各社の見積書は金額の算出方法が異なるため、見積りから算出した「1配送あたりの金額」や「トータルでのコスト」を比較するとよいだろう。特に、梱包料に「梱包資材費」が含まれるかなどは合計額に大きく影響するので注意が必要だ。

また、カスタマイズ系物流サービスやオプションを利用する場合は割高になる可能性が高いため、自社物流を行うよりも費用がかさむことのないようにしよう。

導入後のサポート体制

万が一トラブルが発生した際のフォローや、日々の業務のサポート体制、改善ミーティングの有無なども重要なポイントになる。自社の要望に対しどのような提案をしてもらえるかなど、長く付き合える会社を選定することが大切だ。

アウトソーシングを検討しているジャンルや数量の案件を引き受けた実績があるか、専門知識のあるスタッフが存在するかなどもしっかりと確認しておこう。

まとめ

物流アウトソーシングは「人員不足」や「保管スペースの確保」といった課題が解決できるだけでなく、「コスト削減」や「業務の効率化」などの効果がある。一方で「自社にノウハウを蓄積できない」「委託できない業務もある」などの課題もあるため、「自社物流」「物流アウトソーシング」それぞれのメリット・デメリットを理解して慎重に判断する必要があるだろう。
 物流アウトソーシングの導入を検討する際は、自社にとって譲れないポイントを大切にしつつ、上記のポイントを参考にして比較・検討をしてはいかがだろうか。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事