会員数:
132.457
掲載社数:
11

【初心者向け】インスタ広告の出し方を基礎から解説!広告出稿の注意点も

Instagram広告とは?特徴と媒体特性について

インスタグラムは日本国内のアクティブユーザー数が3,300万人(2019年3月時点)以上を誇るSNSで、ユーザーの内訳は男性が43%、女性が57%と、若干女性ユーザー層が多くなっています。(※1)

Instagram広告とは、インスタグラムのフィード(タイムライン)上やストーリー、発見タブなどに掲載される広告の事です。一般ユーザーの投稿の間に挿入される形で配信されるため、広告色が弱く自然な流れで広告閲覧をしてもらうことが可能です。

(※1) Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破|Facebook社
https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

精度の高いターゲティングが可能

InstagramはFacebook傘下のサービスのため、Facebookに登録された実名情報を基に精度の高いターゲティングが可能になっています。年齢、性別、地域、興味関心、職業、交際ステータスなど、広告の配信先を詳細にターゲティングすることで、ターゲットへ的確に広告を届けることができます。

この詳細なターゲティングによって、広告の無駄打ちも減るため費用も抑えることが可能です。

最低100円前後の低予算から出稿可能

Instagram広告の最低出稿金額は1日100円前後($1)という低価格のため、低予算での広告配信が可能です。広告予算を消化すれば広告出稿がストップするため、安心して広告配信が行えます。出稿途中での予算変更や、クリエイティブの差し替えもできるため、効果を見ながらPDCAを回せます。

さまざまな広告形式を配信可能

インスタグラム広告では、さまざまな広告形式が用意されています。
・写真広告
・動画広告
・ストーリーズ広告
・カルーセル広告
・コレクション広告
・発見タブ広告

上記の6種類の広告に加えて、「アンケート広告機能」「ショッピング広告機能」「ブランドコンテンツ広告機能」があり、目的やターゲットに応じて、さまざまなフォーマットでの配信が可能なため、より高い施策効果が期待できます。

【初心者向け・PC版】インスタ広告の出し方をステップ別に解説

ここからはインスタ広告の出し方について解説していきます。「広告出稿」と言われると、なんだか難しそうな気がしますが、インスタ広告は初心者の方でも簡単に出稿することが可能です。

Instagram広告の作成方法には、大きく3つの方法があります。
初心者向けの簡易的な設定で配信
中・上級者向けの詳細な設定で配信
初心者向け・スマートフォンから簡易的な設定で配信

まず、初心者向けの簡易的な設定で配信できる方法を、以下に4つのステップで出稿手順をまとめました。

<STEP1>FacebookページとInstagramの連携

Instagram広告を配信するためには
Facebookページを作成し、ビジネスアカウントを取得
が必要となります。

まず、InstagramアカウントとFacebookアカウントの連携方法の説明を行います。インスタグラムのプロフィール画面からメニューを開き、設定メニューからアカウントにいくと、「プロアカウントに切り替える」という項目があるので、クリックします。PC上では表示されないため、スマートフォンで操作を行ってください。アカウントのビジネスカテゴリを選択し、ビジネスアカウントを選択。連絡先情報を入力します。

次に、FacebookアカウントとInstagramアカウントをリンクさせます。その他、プロフィール情報の入力など、いくつかのステップを行えば、プロアカウントの設定とFacebookとの連携が完了します。

<STEP2>キャンペーンの目的を選択する

まず、Facebookページの左メニューから「広告センター」を選び、「広告を作成」をクリックしましょう。すると、広告を配信する目的選択の画面が出てくるので、目的のカードを選択します。目的を選択すると、広告の作成画面に移ります。

<STEP3>広告の作成

画面左側では、広告クリエイティブの「テキスト」「画像」「CTAボタン」「URL」が編集できるようになっています。画面右側には、「広告プレビュー」「推定リーチ数・クリック数」「支払いの概要」が表示されるので、広告効果試算の参考にしましょう。

画面下にいくと、「オーディエンス」の設定画面が表示されています。「オーディエンス詳細」の編集ボタンをクリックすると、「性別」「年齢層」「地域」「ターゲットの興味関心」の設定ができます。

「詳細ターゲット設定」の参照をクリックすると、「利用者層」「興味・関心」「行動」など、さらに細かいターゲットの属性を設定することが可能です。

次に、広告を配信する「期間」と「予算」を設定します。今回ご説明している広告配信方法は簡易版のため、広告配信予約はできません。広告作成時点から配信開始となるため、配信終了日時のみ設定ができます。1日の予算は、金額横の編集ボタンをクリックして直接入力するか、スライドバーを左右に動かして設定しましょう。

<STEP4>支払い方法の設定

最後に、広告の配信先と支払いの設定を行います。広告の配信先は必要に応じてチェックを外してください。ただし、簡易版の配信ではFacebookが必須で含まれてしまいます。

広告料金の支払い用にクレジットカードを設定して、「今すぐ配信」をクリックすれば広告配信の設定は完了です。広告配信には審査が必要となり、Instagram広告ポリシーに準拠している場合は承認されて広告の配信が開始となります。

【初心者向け・スマホ版】インスタ広告の出し方と手順

ここではスマートフォンから、Instagram広告を出稿する方法を解説します。
過去にフィード投稿したものから簡単に広告が作れるので、初心者の方でもすぐに広告配信ができます。広告出稿するためには、インスタグラムのアカウントを「ビジネスアカウント」にしておく必要があるので、PC版での解説を参考に設定しておいてください。

ビジネスアカウントに切り替わっていれば、自身のインスタグラムのプロフィールページに「広告ツール」のボタンが表示されています。広告ツールをクリックして中に入ると、エンゲージメントの高かった投稿をインスタグラムが自動で判断してくれる「人気投稿を宣伝」、過去の投稿から広告出稿するものを選べる「投稿を選択」の2種類があります。

広告配信したい投稿を選択し、次へ進むと「目標を選択」の項目が出てくるので、広告配信の目的を設定して次に進みます。「オーディエンスを設定」で、配信したいターゲットを決めます。「自動」はInstagramがフォロワーに類似したターゲットに設定します。

「カスタムオーディエンスを作成」を選ぶと、「地域」「興味・関心」「年齢と性別」を設定してターゲットを絞る事ができます。次に「予算と掲載期間」を設定します。表示されるスライドバーを動かして、1日の配信予算と期間を設定しましょう。最後に「広告を確認」して、「投稿を宣伝」ボタンをクリックすると広告配信が開始されます。

【中・上級者向け】インスタ広告の出し方をステップ別に解説

ここからはFacebookの「広告マネージャ」を使い、より詳細な設定でInstagram広告を配信する方法を紹介します。中・上級者向けの広告配信は、以下の手順で設定を行っていきます。

1. Facebook広告マネージャにアクセス
2. 広告クリエイティブの用意
3. キャンペーンの目的を選択する
4. 広告セットを作成する
5. 広告を作成して配信

<STEP1>Facebookビジネスマネージャにアクセス

まず、「ビジネスマネージャ」にアクセスします。ビジネスマネージャのアカウントを作成していない方はアカウントを作成するところから始めてください。Instagramアカウントをビジネスアカウントに変更していない場合は、初心者向けの<STEP1>を参考に、ビジネスアカウントに変更し、Facebookアカウントと連携しておいてください。

<STEP2>広告クリエイティブの用意

次に、Instagram広告の出稿で重要な広告クリエイティブを作成していきます。

インスタ広告では大きく「フィード」「ストーリーズ」「発見タブ」の3つの場所に広告配信をすることができます。それぞれの配信面によって、ユーザーの広告接触態度や傾向が異なるため、まずは配信をスタートさせてから、効果検証を行い、クリエイティブを最適化させていくのがよいでしょう。

広告フォーマットを選ぶ際、「シングル画像」「カルーセル画像」「動画」「スライドショー」「コレクション」の5つから選択する事ができます。
それぞれに推奨される画像サイズがあるため、クリエイティブを作成する際には注意しましょう。

<STEP3>キャンペーンの目的を選択する

初心者向けの配信設定でも行った目的の設定ですが、ビジネスマネージャを利用する場合はさらに細かく目的が選べるようになります。

大きく分けると「認知」「検討」「コンバージョン」の3つですが、全部で11項目の目的から選択できるので、その中から配信目的を選んでください。ここでしっかりと広告の目的を決めておくことが、広告運用の効果を最大化させるポイントです。

<STEP4>広告セットを作成する

キャンペーンの目的を選んだら、広告セットを作成していきます。
広告セットとは、「オーディエンス(ターゲット)」「配置(広告配信先)」「期間」「予算」を設定する場所になります。

予算と掲載期間の設定

まずは予算を決めていきます。予算設定は「1日の予算」と「通算予算」から選択ができます。1日の予算で設定すると、設定金額に達した時点で広告の配信はストップします。少額予算から始めたい場合におすすめです。

オーディエンスの設定

次にオーディエンスの設定を行います。オーディエンスでは「地域」「年齢」「性別」に加え、「詳細ターゲット設定」から「利用者層」「興味・関心」「行動」に基づいた詳細な設定が可能です。

ターゲットを絞りこんでいくと、右側に表示される「オーディエンスサイズ」と「1日の推定結果」のリーチ数が変動します。リーチしたいユーザー層に合わせて、ターゲット層を設定していきましょう。

配置の設定

次は広告の配信先を設定します。広告の配信先は、システムが広告の配信場所を最適化してくれる「自動配置(推奨)」と、Instagramの他にFacebookやMessengerなど、広告の配信先を自分で選べる「配置を編集」の2種類が用意されています。

<STEP5>広告を作成して配信

ここまで設定できれば、あとは実際に配信する広告の内容を入稿します。入稿した作業は画面右側にプレビュー表示されるので、確認しながら入稿作業を進めていきましょう。

「広告設定」では配信フォーマットの設定を行います。先述した「シングル画像」「カルーセル画像」「動画」「スライドショー」「コレクション」から、配信したいフォーマットを選んでください。

フォーマットを選んだら「クリエイティブ」から、使用する「メディア」「メインテキスト」「URL」「CTA」などを設定します。

すべての設定が終わったらプレビューで確認をして、問題が無ければ「公開する」ボタンを押しましょう。審査が完了次第、広告の配信が開始されます。

インスタ広告を出す際の注意点

以上で簡単な広告配信の設定は完了しました。最後に、Instagramで広告配信をする際の注意ポイントをいくつか紹介します。

広告出稿の目的を明確にする

どんな広告にも言えることですが、まずは広告を出稿する目的を明確にしておきましょう。

たとえばInstagram広告の場合なら、「プロフィールへのアクセスを上げたい」「Webサイトへの送客数をアップさせたい」「ブランド・ショップの認知向上をさせたい」などが想定されます。この目的を明確にしておらず、なんとなく広告を作ってしまうと広告に訴求力を持たせることはできず、本来の効果を発揮できません。

配信面にあったクリエイティブの制作を行う

Instagram広告は前述の通り、6つの配信面が用意されています。配信面によってユーザーの接触態度や傾向が異なるため、配信面に合わせて適切な広告クリエイティブを用意する必要があります。

テキストの書き方や内容、画像サイズ、また一般ユーザーの投稿に紛れるような広告色の無いクリエイティブの作成が必要になるでしょう。

状況に合わせてPDCAを迅速に回す

Instagram広告は柔軟な広告運用ができるため、まずは広告配信をスタートさせてみて、実績を見ながらスピーディーに改善ができます。初めから高い効果を狙おうとせずに、色々な配信面やパターンを試しながら「勝ちパターン」を見つけることが、Instagram広告を上手く運用していくための秘訣です。

まとめ

Instagram広告の出稿方法について、初心者から中・上級者向けまで解説しましたが、いかがでしたか?Instagram広告は精度の高いターゲティングと、柔軟な運用ができます。ぜひ、より効果の高い運用を目指してみてください。

関連記事

人気記事ランキング

新着記事